FC2ブログ

どたばたふぁみり~

田舎が好き♪ 風景写真が好き♪ 滝・鳥が好き♪ 子供4人+犬1匹の母ちゃんです。

たまにはケーキでも・・・

今日も寒かったですねえ。
そんな中、2,3番目&父ちゃんはスキー。1番目は他校と卓球の練習試合へ。
バスに間に合いそうになかったので、駅まで車で送ることに・・・
途中、猛吹雪で心臓バックンバックン
道路はアイスバーンだし、怖かった〜
昼過ぎ、1番目から電話
「定期忘れたし、電車の時間まで1時間以上あるから・・・・迎えに来て〜〜」と。
定期忘れた〜〜 またぁ まったく、どーして忘れるかなあ
隣りでペチャクチャ喋る4番目の話を聞いてる余裕もなく、緊張しながら迎えに行ってきましたよ〜 肩が凝った〜
道路はピカピカに光るくらいのアイスバーンでした。


午前中に、久しぶりにお菓子を作りました。
テキトーケーキ
ホットケーキミックスに卵や砂糖、牛乳などをブチ込んで〜
シャリシャリ感が残る程度にテキトーに煮たりんごを、天板に流したタネの上にパラパラ〜っと
あとはオーブンで焼くだけ〜。
冷めてから切り分けて、あとは粉砂糖をパラパラ〜ッ。
テキトーなわりにはでした。
      
でもね・・・・子供には不評
「りんご、入れないほうがいい」だって
いいよ、いいよ、食べんでも。母ちゃんが1人で食ったる〜〜
あ〜〜、また肥える・・・・

スポンサーサイト



コメント

身辺雑記さんへ

こんにちは~
雪道の運転は命がけです~
昨夜は3番目が熱を出し、夜に病院へ行ってきたのだけれど、除雪車が走ったあとに雪がまた降ったので、わだちが・・・・
ハンドル取られるし、ドキドキでした。

これ、ホントにテキトーだよ。
分量も目分量、「こんなもんでいいか~」って感じ。
「何でリンゴ入れるかな~」と文句を言いながらも食べてたわ
2番目だけは「俺が食う~」とバクバク食べてました。
唯一食べなかったのは4番目。
「リンゴ入ってるから」だって
ムッキ~~

tmkakjkさんへ

こんにちは~今日も寒いですね。
私、レーズンとかリンゴなどを入れるのが大好きなんですが、子供は何も入れないほうが好きみたいで・・・
高校生の頃、アップルパイの食べすぎでしばらくイヤになってたのですが、今また復活して大好きです

今朝は吹き溜まりの雪かきで腕と腰がヤバイです・・。
下のほうが凍ってて、それをはがすのに一苦労
1番目の忘れ物の多さには呆れちゃいます。
もっとしっかりしてくれないとねえ
困ったもんだ~

Unknown

(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

運転、命がけ(笑)ですね
何事も無くてよかったです~♪
やっぱり!manさん♪運転が上手なのね

テキトーケーキ?? じゃないでしょ(´ェ`*)ウププ
すんごく美味しそうでお店で売っているケーキみたいだよ~
ありゃりゃ 女子組には不評だったの?
私だったらバクバク食べちゃうのにな~(笑)

Unknown

おぉ、美味しそう♪
昔はりんごのパイとか苦手だったけど、今は美味しいと思います。何ででしょう??
味覚が変わった??

大雪のようですね。運転もですが、雪かきなども気をつけてくださいね。

それにしても、よく忘れ物をなさいますね(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://man1965417.blog.fc2.com/tb.php/1011-3aa074aa

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

man♪

Author:man♪
秋田の田舎で農業やってます。
子供も大きくなり、今はミックス犬(1歳)の子育て中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1448)
つぶやき (209)
子供 (117)
お出かけ (82)
風景 (101)
鳥 (90)
雪 (9)
食べ物・飲み物 (16)
空 (23)
仕事 (108)
花 (36)
子供&風景 (27)
出来事 (23)
鳥&風景 (19)
子供&鳥 (17)
動物 (3)
こてつ・お出かけ (2)

ブロとも一覧

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん