FC2ブログ

どたばたふぁみり~

田舎が好き♪ 風景写真が好き♪ 滝・鳥が好き♪ 子供4人+犬1匹の母ちゃんです。

Top Page › Archive - 2006年03月
2006-03-05 (Sun)

義母の死

義母の死

28日、優しかった義母が突然亡くなりました・・・ 孫の面倒をよく見てくれて、孫の成長をとても楽しみにしていた義母。最期を見届けることも出来ず、たった一人で逝ってしまった義母。夕飯はいらないと言って部屋で休んでいたので、その間家族は夕飯を食べていたのだけれど・・・・それが悔やまれてならない。義父が様子を見に行った時には心肺停止状態で、救急車が来るまで心臓マッサージ・人工呼吸をしていたけれどだめでした。...

… 続きを読む

28日、優しかった義母が突然亡くなりました・・・ 
孫の面倒をよく見てくれて、孫の成長をとても楽しみにしていた義母。
最期を見届けることも出来ず、たった一人で逝ってしまった義母。
夕飯はいらないと言って部屋で休んでいたので、その間家族は夕飯を食べていたのだけれど・・・・それが悔やまれてならない。
義父が様子を見に行った時には心肺停止状態で、救急車が来るまで心臓マッサージ・人工呼吸をしていたけれどだめでした。
救急隊の方や搬送先の病院でもいろいろと手をつくしてくれたのだけれど、息を吹き返すことはありませんでした・・・・。

常に2人一緒だった義父母、義父の悲しみを思うと心が痛みます。
「俺も一緒に逝きたい」と泣いて話す義父の姿に、これからは義母の分まで守っていかなくては・・・と思っています。

子供達もそんな義父の気持ちを察してか、夜は義父と一緒に寝てくれていて、寂しさもいくらかはまぎれているようです。

いまだに義母の死は信じられない家族。ひょっこり「ただいま!」と帰ってきそうな気がします。

私はお義母さんのようにはできないけれど、私なりに頑張っていくからね。
お義母さん、天国でみんなを見守っててね。 
スポンサーサイト



ひなさんへ * by man
ありがとう!
義父もね、親戚の人たちに「ばあさんの髪を染めてくれて、ばあさんもすごい喜んでたんだ」って話してた。
今思うとね、お義母さんは死期が近いことを悟ってたのかなって・・・。
一度は「お義母さんの白髪、すごく綺麗だから染めなくても大丈夫じゃない?」って言ったら、
「そうか?」ってやめたのよ。
でもそのあと、「やっぱり真っ白で恥ずかしいから染めるわ」って。
終わった後、本当に嬉しそうだったもんなあ。
思い出すと涙が出てくるよ。

お線香を上げに来てくれた人が、「お義母さんは病院よりも家で最期を迎えられてうれしかったんじゃないかな」って言ってくれたの。
それまでは一晩でも入院させてもらえばよかったって思ってたけど、その言葉を聞いて「そうかもなぁ」って。

義母がいなくなって大変だけれど、私なりに頑張ってみるね。

お義母さん * by ひな
manさん仲良しだったものね。
manさんがお義母さんの髪を染めてあげた時のお話しをついつい思い出しちゃうわ。

私も一緒に暮らした家族の死は経験していません。ましてやそれが突然となると。
そんな私が言えた事ではないかもしれないけれど、最期まで生きて、家族にキレイな姿しか見せなかったお義母さんってとってもステキだなぁ~って思います。
なかなかできる事ではないもの。
とても立派な方だったんでしょうね。

お義父さんの事心配だね。
manさんも頑張りすぎないでね。
お義父さんと一緒にたくさんたくさんお義母さんの事お話して思い出してあげることが供養にもなると思います。

お孫さんの成長を楽しみにしていたお義母さん。1番目チャンの制服見たかっただろうね。

お義母さんのご冥福をお祈りします。

のりこさんへ * by man
そうだねぇ、家族が多いから気も紛れるところがあるかも。今は義姉親子も毎日来てくれてるしね。
のりこさんも大変だったね。身内の死っていうには本当に辛いね。

妹のお義母さんに「お義母さん、来たかい?」って聞かれたんだけど、誰も感じてないんだよねえ。妹のお義父さんが亡くなったときは、我が家に来てくれたみたいなんだけど・・・
するはずのない線香の匂いが、階段のところでプ~ンと。
「あ~、うちに来てくれたんだなぁ」って思ったわ。
お義母さん、何か言い残すことはなかったのかなあ・・・

家族の死 * by norikozep
同じ屋根の下で暮らしてきた家族が亡くなった経験がない私は、突然逝ってしまった悲しみがどのくらい大きいものなのか想像するしかありません・・。

2月末、私の祖母が逝きましたが彼女は数年前から自分も身内もだれなのかわからないほどのアルツハイマー。寝たきりでほぼ植物状態でした。夫の死もわからないし、見送ることもできませんでした。

・・・お義母さんの人生は最期までいたって平穏で幸せだったのかも。他人の私がこんなことを言うのは不謹慎かもしれませんが、そんな気がしてしまいます。

お義父さん、心にぽっかりと穴があいてしまったのですね・・。こんな時、家族が大勢いていいなあ、と思います。お義父さんも幸せ者だなあ。

最期になりましたがお義母さんのご冥福を心からお祈りいたします。